FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: general episode

noir aile 

2009.08.29
Sat
01:46

小高い丘の上にある、青々とした芝生の拡がる―とある墓地。
周りには等間隔に、規則正しく聳え立つ木々。

空は澄み渡り、白い鳩が悠々と編隊を成し飛んでいく夕暮れ。

一つの墓標の前に、黒尽くめの人々が群がっている。
皆悲しげな表情を浮かべ、中にはうつむきがちな者もいる。
米大統領から政府・その他各国の軍関係者、NEST軍兵やその家族、トランスフォーマーと
その存在を知る限られた人々。

それと、激戦の末ザ・フォールンの復讐を見事返り討ちにし、この惑星を含め全宇宙を救った
オートボットの面々。

今回の戦闘によって傷つき、倒れた古き友の墓標には、1メートル四方のコンクリートの土台に
SR-71・ブラックバードの水平尾翼を模した、黒く大きな金属板が突き立てられている。
今にも消えてなくなりそうなくらいに擦れてしまったディセプティコンのマークの上には
赤々とオートボットのエンブレムが輝いている。

オートボットの中でも、一際大きな影の持ち主が一歩前に出、片膝をつくような形でしゃがむ。
総司令官オプティマス・プライムは、NEST兵の一人に集音性の高い指向性マイクを向けてもらい
かつての仲間に言葉を手向ける―ゆっくりと、堂々としていながらも落ち着いた調子で。


『恐縮ながら、私から彼へ、皆様を代表しこの言葉を捧げる。

彼は、偉大な戦士であった。ディセプティコンではない、オートボットとしてのだ。

元来、オートボットとディセプティコンに違いなどは無かった。

それを改めて教えてくれたのは、彼だった。

我らとディセプティコンの違いは、思想のただ一つ。それだけだ。


我々をマトリクスへと導いてくれたその叡智

不具合を抱えているにも関わらず、戦闘の救援として駆けつけてくれたその勇敢さ

自らのスパークを引換えにしてでもこの惑星、そして宇宙を護ろうとしたその犠牲心

―そして、彼の輝かしいばかりの栄光に


皆さん、彼の栄誉を称えましょう、それが彼にとって一番の賛辞となる筈だ。』


ややあって、オートボットを含めその場の人々がゆっくりと敬礼をする。その場の空気は悲しみで
満ち溢れていた。涙を流している者も何人かいる。レノックス少佐の妻は彼の胸に顔をうずめ、
レノックスは彼女と子供を優しく抱きしめている。
バンブルビーは目からウォッシャー液を滝のように漏らし、その露を拭っていた。



M16を手にした数人のNEST兵が整列、右手でストックを持ち肩に立てかけたライフルを
両手で持ち替え、そして空に向かって構、トリガーに指を掛ける。



弔いのための空砲が撃たれる。


悲しく、乾いた空に響く銃声―









―その墓碑には、こう刻まれている。

『Grory of Jetfire,Forever』















・・・おじいちゃんスキーが祟ってこんなものが出来ました。安らかにお眠り下さいませ、
ジェットファイア。
自分で書いといてなんですけど、正直冷めた私はこんな葬儀は行われないんじゃないかと
思っております。NEST兵の方々はともかく、それ以外の人はえ?誰?みたいな感じで
参列している感じじゃないかと・・・;;
やっぱりアレですか、ローレンシア海溝にFTJですかorz
というかジャズはどうなったんでしょう、胴体真っ二つにされただけで(人間では相当な重症ですが)
スパークは傷付いて・・・無い筈ですよ・・・ね?; 
復活するならポルシェ977ターボとか911GT2とかカレラ・GT辺りに(ry

きっと隣にはマルティニのロゴを模した、サイバトロンマーク入りの墓標が
立っているに違いないきっと(ry


ニューロマンサーで使っていた表現をずっと引用したかったので、実はそこでも満足しています。
何処かしらにニヤリと出来る様なキーワードや表現を入れるのが好きなんです。分かり辛く(ぇ


願望だらけの文章ですが、短編ばかりで長編のアイデアが振ってこなくて困ります。
『Alliance』と『Difaence』、ユニバース本も自分にFTJしてやれば何かが降臨するかも・・・?
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://hydroprizm.blog55.fc2.com/tb.php/6-440dc4c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

Flashカレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

タグふれんず

リンク

手書きブログ

FC2カウンター

検索はこちら

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。