FC2ブログ
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: individual episode

Bringen Sie es auf Daune 

2009.11.19
Thu
21:21

尚も厳しい戦いを強いられている2体のトランスフォーマー。

再びキャノンをチャージするアイアンハイド
『何っ? くそ、ついに弾切れか・・・!』
複数のディセプティコンがアイアンハイドを取り囲む。
『アイアンハイドっ!』
それを見たサイドスワイプが慌ててアイアンハイドの元へ走る―とても間に合いそうには無い―


その時だ。

数発の地対空ミサイルがアイアンハイドを狙っていたディセプティコンに命中する。
飛び散る破片からカメラアイを腕で守っていたアイアンハイドが目にしたもの―

荒れた大地を物ともしない逞しいタイヤ。
けたたましく咆哮する大排気量の6気筒エンジン。
ルーフ上に取り付けられているミサイルランチャーから次々とミサイルを吐き出すトラック。

―オプティマス・プライムだ―

本来トレーラーのコンテナを連結する部分にはバンブルビーが乗っており、オプティマスの影に
隠れながら右腕のパルスキャノンと両肩のミサイルを連射しながら向かってくる。

その後から大型の救護トラックと銀色のスポーツカーが対を為して走ってくる。

バンブルビーが突然高くジャンプしたかと思うと、オプティマスはそのまま走りながら
トランスフォーム、地面の上を滑りながらイーオンブラスターを背中から取り出し
次々に敵へ向かって銃弾を浴びせていく。
バンブルビーは降下しながら、上空からパルスキャノンの雨を降らせる。

ジャズは後輪をスケートの様に使い、シールドを構え敵の攻撃を防ぎながら、同時に
プラズマカノンで応戦しながら接近し、テレスコーピングソードで真っ二つに切り裂いていく。
『―kick it, kick it yeah.』


その隙にラチェットは、アイアンハイドとサイドスワイプにエネルギー補給用の
エネルゴンキューブを2人に手渡す。
胸のチェンバーにキューブを収納したサイドスワイプは、右腕のブレードを少し顔が隠れるように
構えマスクを閉じる。
『Kommen wir dazu.』
『ディセプティコンの野朗共、覚悟しておけ!』

再び敵を切り裂きながら一直線に突き進んでいく。低い姿勢でかつ、ハイスピードで近づいてくる
サイドスワイプにディセプティコン達は為す術も無い。
鉈のように鋭く、斬り込む動きで次々と鉄屑を撒き散らしていく。
その切先に慈悲という言葉は存在しない。
勢い良く敵に向かって行き、右ストレートを打ち込むように、敵のボディにブレードを
突き刺すサイドスワイプ。
ボディは四方八方に砕け散り、ブレードの先から肩にかけてのラインに火花が散り
パーツのカケラが舞う。
その横顔から伺える眼光は、いつもよりにも増して眩い光を放っている。


戦闘のスタイルが似ているためか、抜群のコンビネーションを魅せるジャズとサイドスワイプ。
さながらジャズはワルツのようなリズムで、サイドスワイプはタンゴを踊るように
戦場を駆け抜けていく。

『Check six!argent!』
『What's the―』
ジャズを狙おうとしていたディセプティコンに、バトルブレードを投げつけるサイドスワイプ。
『Lovely.』


全てのディセプティコンを掃討し、ようやく辺りに静寂が広がる。
オプティマスはゆっくりと、左手を右手首に置きながらエナジーソードを瞬く暇も無く収納する。

『ふん、雑魚共めが。手こずらせやがって。やれやれだぜ。』
『しかし、今回は災難だったな。やはりバンブルビーにきちんと調査をさせるべきだった。すまない。』
『<<I would dive for you~♪>>』
『気持ちは非常に嬉しいが、別にそこまでしてもらわなくてもいいぞ。
君達は私の大事な仲間だからな。』
オプティマスは、一見幼い素振りを見せるこのTFが、心の支えになっている事を改めて認識した。
彼の感受性の高さにはオプティマスでも時に驚きを隠せない。

『さあ皆、基地に帰るとしよう。アイアンハイドとサイドスワイプは私のコンテナに乗るといい。』
『助かる。』
『―了解。』



トランスフォームしているオプティマスを見ていたサイドスワイプは、ふいに後ろを振り返る。
そこには荒涼な果てしない大地と、スクラップとなったディセプティコンのパーツしかない。





『・・・・・・Wie viele Graber Gruben, die Sie brauchen.』











『Der Wille, mit dem das silberne Schwert beladen wurde.(その白銀の剣に込められた意志)』の
続きです。あえて続きを書かなかったのは、某有名なサイトさんの物と似通ったものに
なってしまいそうだから・・・と思っていたんですが、やはり自分で書きたくなったので
ローンチしてしまいました。
イメージ的には『TF:Tales of the fallen―2』の9ページ目が近いですかねー・・・。

スワイプの『Kommen wir dazu.』というのは1作目TFでバンブルビーが言っていた
『Let's get to it.』、『(~宇宙艦隊からメッセージです)始めようぜ。』のドイツ語訳です。
『Check six!argent!』はcheck sixが後ろに気をつけろ、argentは副官。
『Lovely』というのはイギリス英語で『ありがとう』の意です。
『Wie viele Graber Gruben, die Sie brauchen.』は『墓穴は一体いくつ必要なんだ。』
なぜこう言ったのかは想像にお任せします、あとどの台詞がどのTFなのかも。



基本的に私の中ではジャズは生存している設定です。
・・・アメコミでは司令官のコンテナに入れられ海の底に沈められましたが。
ジャズの台詞についてなんですが、好戦的では無いんですけど、彼なりに戦闘を楽しもうというか
前向きに捉えようとしているんだと思います、多分。彼の性格的に。

ザ・ムービーでの(最近だとリベンジの囚われたサムを助けに来るシーン)司令官のアレを
ビーでやってみました。 タンゴは社交ダンスの方ではなく、フラメンコの方で。

スワイプが敵にブレードを突き刺す場面はAPPLESEEDのブリアレオスみたいな感じで・・・・・・。
しかし・・・スワイプの話しかける相手によって言語を変えるのは、なんかモンティ・パイソンの
盗難届けのスケッチみたいですね。

かなり切羽詰っていたのでクオリティーガタガタです。また後日修正するかも知れません。
その場合あとがきにて表記しておきますので。


ボー・・・(リアルタイムでAPPLESEEDを見ている人

∑! そ、それでですね、私が小説や描写の参考としているのはウィリアム・ギブスン
フィリップ・K・ディック、神林長平さん、漫画では広江礼威、映画では曽利文彦さん等で・・・・・・。

ボー・・・(今度はべクシルを観ている

∑! ほ、他にはリュック・べッソン、ウシャウスキー兄弟、ジョン・ウー、マイケル・ベイ、
ジム・ジャームッシュ・・・・・・。

ボー・・・(あれ?APPLESEED GENESISってどうなったんだろう・・・と思っている人

∑! と、とにかく今まで観てきた映画や読んできた小説の影響を色濃く受けている訳です。


個人的には所謂3Dライブアニメというのが、現在の日本における最高峰のアニメ描写・表現手法だと
思っている訳ですが、一向に流行る気配がありませんね。
やはり日本では3Dで描かれた人間に対して抵抗が大きいんでしょうか。
最近のアニメは萌えだのかわいいだの、一般受けするような内容でしか
勝負していないから非常にRubbishだ。
DARKER THAN BLACKも1期で飽きてしまったし、BLACKLAGOONぐらいしか
楽しみなアニメがありません。
昨今のアニメ業界の現状を少しは分かっているつもりなので、あまりどうとは言いませんが。


アップルシードを原作から読んでいる身としては、デュナンは小林愛さんより
鶴ひろみさんのほうがしっくりきます。
きまぐれオレンジロードとか懐かしいなあ・・・鶴ひろみの少佐も大好きです(他にもGS実神、
かぼちゃワインが浮かぶがドラゴンボールが真っ先に来ない人
子安さんが悪役ってのも珍しい気がしますね(ガンダムシリーズではむしろその方が多いですが)。

脱線するのは最早仕様なので気にしないで下さい。

こんな事を言っておきながら言うのも何なんですが、私はハイテクが嫌いだ。
というのは、最近であれば一定時間周辺に人がいなければ自動で電源を落すテレビであったり
自動で人間の顔を認識してシャッターを切るカメラなど・・・そういった類のものです。

ズバリ う っ と う し い 。

そんなものは人間様に任せておきゃいいんだよこのド畜生がアァァァァ!! 
・・・・・・という程ではありませんがこういう機能もありますよという程度にとどめておいて、
その機能を前面に押し出して欲しくないんです。

基本的に中身はなんともイギリス人な人なので気にしないで下さい。



しかし最近手を抜き過ぎだ・・・ここらで兜の緒を締めなおさないと。

あとがきはリアルタイムで本編と同時進行しているので結構時間軸がムチャクチャです。
なので内容もムチャクチャです。

試しに今回から英語台詞、独語台詞の訳を入れてみました。本当はもっと前から入れても
良かったんですが、そんな手取り足取り書いてある文章なんて詰まらないだろうと
思っていたのであえて入れていませんでした。
それに一番自分の中でしっくりくる表現をしたかったので・・・分かり辛くてすみません。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://hydroprizm.blog55.fc2.com/tb.php/15-73314b49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

Flashカレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

タグふれんず

リンク

手書きブログ

FC2カウンター

検索はこちら

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。