09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 当ブログについて

First of all(初めに) 

2030.04.14
Sun
05:46

こちらでは『ト○ンス○ォーマー』に関係した小説を取り扱っております。
素人の書いた駄文ですので、少しでも興味がある方or常識を弁えた方にしかおススメはしません。

映画の本編やアニメ、発行されている小説等とも、公式の作品とは一切関係が無く
また私個人の妄想や願望によって綴られた文章なので、好まれない方は
即刻ウィンドウを閉じて頂くようお願いします。

卑猥な、または暴力的な表現を含む場合もあるかも知れません。苦手な方はご注意下さい。

管理人はビーストウォーズからTFを見始めた世代で、マイクロン3部作、G1(初代)や
アニメイテッドも把握しており、『Transformers-beginnings』も某所で視聴しました。

現在所有or読破済みのTF関係書物
・『トランスフォーマー』:アラン・ディーン・フォスター
・『トランスフォーマー:ゴースト・オブ・イエスタディ』:アラン・ディーン・フォスター
・『トランスフォーマー・リベンジ』:アラン・ディーン・フォスター
・『Transformers:Revenge of the fallen』:ARAN DEAN FOSTER
・『Transformers:Revenge of the fallen Alliance』
・『Transformers:Revenge of the fallen defience』
・『Transformers:Revenge of the fallen the movie universe』
・『Transformers:Revenge of the fallen movie adaptaion』

・『Transformers spotlight-jazz』
・『Transformers spotlight-oputimus prime』
・『Transformers spotlight-blurr』
・『Transformers spotlight-drift』
・『Transformers spotlight-mirage』
・『Transformers spotlight-blaster』
・『Transformers spotlight-acree』
・『Transformers spotlight-sideswipe』
・『Transformers spotlight-cliffjumper』
・『Transformers spotlight-shockwave』
・『Transformers All Hail Megatron1~4』
・『Transformers Infiltration』
・『Transformers Tales of the fallen1~3』
・『Transformers War within』
・『Transformers Megatron-origin』



『general episode』―主に実写映画内の、描写されていない事象・状況について書いたもの。
              ある程度本編とリンクさせているものです。

『individual episode』―実写映画・小説・アニメ等の設定を踏襲しながらも本編とは関係の無いもの。
                本編とは全く関係が無い場合が多いので注意してください。


尚、一つ一つの記事の文章を折りたたまず、全部表示してあるのは、私の書き手としての
たった少しのエゴです。本当は本文を追記にて折りたたんだ方が、読み手の皆様からすると
読みやすいとは思うのですが、どうかご容赦くださいませ。申し訳ありません。
その代わりに、1ページにおける記事の表示数を少なくする、という対応を取らせて頂いています。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 当ブログについて

So how can you say that you want to be? 

2010.01.16
Sat
01:35

『Weil alle mit uns in der gleichen Richtung mitgegangen sind.』の
『・・・Ich rate, daB alle davon abhangen, was Sie wanna macht. 』という台詞は
HOOBASTANK―The Reasonは『SAME DIRECTION』の
『Because all along,We've been going in the same direction.』という歌詞から取っています。
ちょっと安直な方に走ってしまったような気もしますが、まあ言いたいことはそう変わらない訳ですし。
・・・本当はBOOM BOOM SATELLITESやElbowでも良かったかなー・・・・・・なんてちょっぴり後悔。
まあ学生時代に聴いていた音楽がこんな形で役に立つとは思っていませんでしたが。
歌詞の内容が『深い』と思えるアーティストというと、私の知る限りではLINKIN PARK,FEEDER等に
なってしまうのですが(ここにリンキンの名が挙がってしまったことに自分が驚きです)
それもどうかと思いますし・・・マリリン・マンソンやNINはちょっと暴力的過ぎますし。

えっと・・・まあ私のどうでもいい独り言はさておき、とても嬉しいコメントを頂いたので、追記にてお返事です。
-- Read more... --
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: individual episode

Weil alle mit uns in der gleichen Richtung mitgegangen sind. 

2010.01.14
Thu
00:20

灼熱の炎―大地を埋め尽くすかのごとく拡がる業火。

惑星ヴェロシィトロンの地表には、焔と無秩序に散らばるトランスフォーマーだったものの砕片で埋め尽くされている。
オートボットとディセプティコンの双方が騒然と入り乱れ、爆発による黒煙や炎の所為で熱赤外線センサーは
あまり役に立たず、IFFを駆使しなければ敵味方の区別がつかないほど視界は不良である。
戦況的には数で圧倒するディセプティコンが優勢な状況に傾いており、単騎同士なら問題なく倒せる相手なのだが
あまりの敵の多さにオートボット達は剣が峰に立たされている。
一体のディセプティコンが、切り立った丘の上から息を潜めながら狙いを定めている。
そのスコープの狙う先は群集の中でもとりわけオートボットが集まっている地帯
―味方も複数いるが、そんな事はお構いなしである。
結果として一体でも多くのオートボットが倒せればそれでいい、そう考えてるのだ。

その重装型のTFはゆっくりとレールガンのエネルギーをチャージする。周囲に静電気を放出するような電流が流れる。
マズルフラッシュや銃弾の行き交う音、爆発音などでおそらく気づかれはしないだろう。
発射の衝撃に備え、膝をつき銃身を両腕でしっかり構える。

砲身が放電し、青白い光を放つ。その電撃は銃弾が撃ち出されると共に飛行機雲の如く銃弾を追う。
着弾地点が激しく爆発する。HEAT-MPだ。
運悪く成形炸薬弾の犠牲となってしまったオートボットは、モンロー・ノイマン効果によりスパークごと破壊され
跡形も無く四散してしまい、その周囲にいたTFも爆発の衝撃と鋼球の直撃を受け、多大なダメージを負ってしまった。


その大爆発によって吹き飛ばされてしまう2人のオートボット。
顔を覆うように両腕をクロスさせ、カメラアイを守りながらの姿勢で背中から地面に叩き付けられる。
一瞬吐き出しそうな衝撃を堪え、右腕のバトルブレードを地面に突き刺し起き上がるサイドスワイプ。
『サイドウェイズ!サイドウェイズ!何処だ!』
左目を押さえ、額から流れ出るオイルを拭いながら、周囲を懸命に見渡す。
もう一体のオートボットは視界には存在せず、IFFにも反応が無い。
サイドスワイプは、攻撃を続けながらもサイドウェイズと呼んだTFを探して、辺りを捜索しながら移動する。



金属片やパーツの断片の中で、弱弱しく微かな光を放つスパーク。



3年後―


Networked Elements:Supporters and Transformers―略称はNEST―により暗闇の中、多数の眩く
青い光を放つライトによって照らされている工場地帯は、一見して普通の軍隊には及ばない程の最新鋭で
特殊な装備を身につけた兵士によって包囲されていく。地元警察の協力もあり、その周囲―半径6マイル圏内の
住民は有毒物質が漏れ出したという偽装工作により退避済みだ。
わざわざ軽く鼻にツンとくる、刺激臭のするカラースモークまで使っている念の入れ様だ。
封鎖地域の外周から徐々に捜索範囲を狭めていき、アサルトライフルに装備されている赤外線センサーを頼りに
敵を燻り出していく。ディセプティコンもオートボット同様、自動車や戦闘機、建設機械などに擬態出来る名人である。
一瞬たりとも油断は出来ず、辺りは張り詰めた空気に支配されていく。

2年前とは違い、オートボットの面々にも新たな仲間が加わっている。
様々な理由・目的で宇宙を彷徨っていた7体のトランスフォーマーは、司令官のメッセージを受け取り
自らの意思で此処、地球へと舞い降りた。
その内の一体はマシーンシルバーのスティングレイに擬態し、NEST兵の指示を受けいつでも戦闘に加われる
ポジションにつき、その時を静かに待っている。

大型の重機に擬態していたトランスフォーマーが突然トランスフォームし、周辺のNEST兵を吹き飛ばし
ヘリを殴り落として逃走を図る。オプティマスとアイアンハイドがこれの追跡に向かう。
そして建物の影に身を潜めていたスーパーカーが港のある方向に向かって走り出す。
アーシー、クロミア、フレアアップがまず迎撃に向かうが、とても歯が立ちそうに無い。

それを見たNEST兵の一人は確実に追い込むためにサイドスワイプを狩りださせる。
コルベット・スティングレイから素早くロボットモードにトランスフォームし、中型のディセプティコンを追いかける。
両脚のタイヤを使い、時速80マイルで突き進む。その間に敵の識別信号を確認する。


『この反応はまさか・・・。』

サイドスワイプに追いつかれたそのディセプティコンは、観念したのか停車してトランスフォームする。

『やはりお前だったか、サイドウェイズ』
『久しぶりだな、サイドスワイプ。元気にしていたか?』
煌いシルバーメッキの手のひらを空に向ける。
『まあな。それより何故お前がディセプティコンに?』
『復讐のためだ、俺達の仲間を傷つけた奴らをこの手で潰すために。』
『ならばオートボットに入ればいいだろう、わざわざ奴らの仲間になどならなくても。』
『メガトロンがいない今、ディセプティコンは張子の虎だ。スパークを手にし俺が新しいリーダーになる。
そしてこんな醜い争いを止めさせる。』


『・・・だが私はオートボットだ。お前達を抹殺する命を受けてこの任務についている。
任務のためなら例えお前を斬ることにもためらいはしない。』
『勝手にしろ、追うなとは言わない。ひとまず俺は逃げる。』
『・・・・・・0.5キロサイクルだけ待ってやる。そのあとはどうなろうと容赦はしない。』
『・・・恩にきる。』

金属が激しくぶつかり合う音をさせながらトランスフォームし、アウディ・R8 4.2FSI quattroは
一瞬レブリミッターまでエンジンを吹き回しギアをショートシフトさせ、その場から立ち去る。




『・・・Ich rate, daB alle davon abhangen, was Sie wanna macht. 』
-- Read more... --
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: individual episode

Bringen Sie es auf Daune 

2009.11.19
Thu
21:21

尚も厳しい戦いを強いられている2体のトランスフォーマー。

再びキャノンをチャージするアイアンハイド
『何っ? くそ、ついに弾切れか・・・!』
複数のディセプティコンがアイアンハイドを取り囲む。
『アイアンハイドっ!』
それを見たサイドスワイプが慌ててアイアンハイドの元へ走る―とても間に合いそうには無い―


その時だ。

数発の地対空ミサイルがアイアンハイドを狙っていたディセプティコンに命中する。
飛び散る破片からカメラアイを腕で守っていたアイアンハイドが目にしたもの―

荒れた大地を物ともしない逞しいタイヤ。
けたたましく咆哮する大排気量の6気筒エンジン。
ルーフ上に取り付けられているミサイルランチャーから次々とミサイルを吐き出すトラック。

―オプティマス・プライムだ―

本来トレーラーのコンテナを連結する部分にはバンブルビーが乗っており、オプティマスの影に
隠れながら右腕のパルスキャノンと両肩のミサイルを連射しながら向かってくる。

その後から大型の救護トラックと銀色のスポーツカーが対を為して走ってくる。

バンブルビーが突然高くジャンプしたかと思うと、オプティマスはそのまま走りながら
トランスフォーム、地面の上を滑りながらイーオンブラスターを背中から取り出し
次々に敵へ向かって銃弾を浴びせていく。
バンブルビーは降下しながら、上空からパルスキャノンの雨を降らせる。

ジャズは後輪をスケートの様に使い、シールドを構え敵の攻撃を防ぎながら、同時に
プラズマカノンで応戦しながら接近し、テレスコーピングソードで真っ二つに切り裂いていく。
『―kick it, kick it yeah.』


その隙にラチェットは、アイアンハイドとサイドスワイプにエネルギー補給用の
エネルゴンキューブを2人に手渡す。
胸のチェンバーにキューブを収納したサイドスワイプは、右腕のブレードを少し顔が隠れるように
構えマスクを閉じる。
『Kommen wir dazu.』
『ディセプティコンの野朗共、覚悟しておけ!』

再び敵を切り裂きながら一直線に突き進んでいく。低い姿勢でかつ、ハイスピードで近づいてくる
サイドスワイプにディセプティコン達は為す術も無い。
鉈のように鋭く、斬り込む動きで次々と鉄屑を撒き散らしていく。
その切先に慈悲という言葉は存在しない。
勢い良く敵に向かって行き、右ストレートを打ち込むように、敵のボディにブレードを
突き刺すサイドスワイプ。
ボディは四方八方に砕け散り、ブレードの先から肩にかけてのラインに火花が散り
パーツのカケラが舞う。
その横顔から伺える眼光は、いつもよりにも増して眩い光を放っている。


戦闘のスタイルが似ているためか、抜群のコンビネーションを魅せるジャズとサイドスワイプ。
さながらジャズはワルツのようなリズムで、サイドスワイプはタンゴを踊るように
戦場を駆け抜けていく。

『Check six!argent!』
『What's the―』
ジャズを狙おうとしていたディセプティコンに、バトルブレードを投げつけるサイドスワイプ。
『Lovely.』


全てのディセプティコンを掃討し、ようやく辺りに静寂が広がる。
オプティマスはゆっくりと、左手を右手首に置きながらエナジーソードを瞬く暇も無く収納する。

『ふん、雑魚共めが。手こずらせやがって。やれやれだぜ。』
『しかし、今回は災難だったな。やはりバンブルビーにきちんと調査をさせるべきだった。すまない。』
『<<I would dive for you~♪>>』
『気持ちは非常に嬉しいが、別にそこまでしてもらわなくてもいいぞ。
君達は私の大事な仲間だからな。』
オプティマスは、一見幼い素振りを見せるこのTFが、心の支えになっている事を改めて認識した。
彼の感受性の高さにはオプティマスでも時に驚きを隠せない。

『さあ皆、基地に帰るとしよう。アイアンハイドとサイドスワイプは私のコンテナに乗るといい。』
『助かる。』
『―了解。』



トランスフォームしているオプティマスを見ていたサイドスワイプは、ふいに後ろを振り返る。
そこには荒涼な果てしない大地と、スクラップとなったディセプティコンのパーツしかない。





『・・・・・・Wie viele Graber Gruben, die Sie brauchen.』
-- Read more... --
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 当ブログについて

Nothing at all there's no where left to go fall apart...... 

2009.11.03
Tue
20:55

当分お絵かきの方に専念していると思うので、しばらく物書きはお休みにします(えー

色々と芽は出てきてはいるのですが、如何せん育たない。
ジャズのお話もひと段落してまたスワイプ(Der Wille, mit dem das silberne Schwert beladen wurde.)の
続きでも書こうと思っていて、何となくプロットも出来上がりつつあったのですが
流石に身動きが出来ません。脳ミソだけマルチタスクになってもマニュピレータは二本しかないのだから
実際に実行出来るのはどちらかです。
さてまたホームページの完成が遠のいてしまいました。もういいや、別に・・・。


続きはチラ裏なのでご自由に。(愚痴じゃないですよ)
-- Read more... --
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

Flashカレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

タグふれんず

リンク

手書きブログ

FC2カウンター

検索はこちら

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。